読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書録 本読みの貪欲

近畿地方の某田舎町で一人暮らし中。

本が読めない。

雨が降り、夏の暑さはあっという間に去っていった。
わが田舎町の夏が終わった。

本が読めない。

先週まで一日一冊のペースで小説を読んでいたのだが、その読書の波がぴったりと止まってしまった。
一日に10ページ程というスローペースで小説と、勉強の合間に選書・新書をぱらぱらと読んでいる。今週に入ってか

ら、まだ一冊も読破していない。
「夏の文庫特集」である今週号の週刊読書新聞も買うだけ買って、まだ目を通していない。
そして今まで読んだ本についても、こうしてブログに書く気がしない。
映画についても、ゴジラマレフィセントも見たのでネタには困らないのに。

読書の波に乗れない自分が少しもどかしくもある。違和感がある。
もちろん、趣味に没頭できないからといって困ることはない。
むしろ先週のように読書の波に乗りまくっている方が、日常生活を疎かにしてしまい良くないなと思う。

このようなときの対策は経験から十分に承知している。
只管、読書の波が来るのを待つのだ。
私の人生から、読書が切り離されることはないはずだ。少なくとも、まだ。

いつか、本格的に読書から離れる時も来るだろうな、とも思う。
知りたいこと、読みたいものだけが、指数関数的に増えていくが、読書速度が追いつかない。
積読本が増え、私は老いる。「少年老い易く、学成り難し」。
集中力が衰え、目が悪くなり、日常の雑事に追われ、俗世の些事に悩んでいるうちに、本を読まなくなるのだろう。
でも、それは悪いことではない。
生活に生きることが悪いことのわけがない。
読書は、寝る前の十分間の楽しみになればよい。

私は単に、幸せな時代と場所に生まれたのである。
そして学生時代の一時、生活から離れたモラトリアムに浸っているのである。

また雨が降って来た。
夏が終わり、あとは寒くなるだけだ。きっと。

広告を非表示にする