読書録 本読みの貪欲

近畿地方の某田舎町で一人暮らし中。

【日記】本を探す、それだけの話。

 昨夜読んでいた本が、見つからない。

 明日は土曜日だから掃除をしようと思っている。片付ければ、きっと本はどこかしらから出てくるだろうとは思う。
 でも、その本は、今、読みたいのだ。

 どこでも読書する人間であるし、さらに、複数の本を同時読みする人間でもある。
 家事の合間や、朝の出勤準備のちょっとした隙間時間にも本を開く。
 そして、読み終わった本はそのあたりに置いてしまう。
 これがいけないのだ。

 昨夜読んでいた本、と書いたが、確か、今日の朝もページを開いたはずだ。
 今朝読んだ本は二冊あるが、そのうちの一冊は、テーブルの上にある。こちらの本は布団の上から、無事にテーブルまで移動したのだ。
 お目当てのもう一冊は何処だ――書いているうちに記憶が戻ってきた――洗濯機の上だ!
 

 ずぼらで雑な人間の手元へ来てしまった本たち。可愛そうに。
 しかしそれらの本たちの犠牲の上に今の私は成り立っているのだ。


 本を置くのにちょうどいい高さなんだよな、洗濯機。 
 

広告を非表示にする