読書録 本読みの貪欲

近畿地方の某田舎町で一人暮らし中。

冬のボーナスでノートカバーを買う。

師走忙しすぎ。

本を読む時間もとれぬ日々が続く。
実際には、布団に入って読もうとするのだけど、数ページ読み進めた時点で寝落ちしてしまう。
今月に入ってから何度電気をつけっぱなしにして寝てしまったことか。
このブログを書くのだって一か月ぶりくらいだ。

社会人生活に溺れそうになりながらも、なんだかんだもがいているうちに冬の賞与の季節がきた。
ボーナス!と喜べるほどの金額ではないが、支給されるだけ幸せなのだろう。

何に使おうか。欲しいものはいっぱいある。

アマゾンの欲しいものリストを見る。
欲しい本がいっぱい並んでいる。岩田宏の詩集とか、魚図鑑がほしい。

美味しいマイナー魚介図鑑 (よみ:おいしいマイナーぎょかいずかん)

↑『美味しいマイナー魚介図鑑』、めちゃくちゃ欲しい。読みたい。めちゃくちゃ欲しいなら買えばよい。買えばよいのだけれど……私の中の「何か」が執拗にストップをかける。読書に金をケチる大人にはなりたくなかったのに、3000円以上の本を買うことを躊躇いまくっている自分がいる……


が、結局、ノートカバーとA5の方眼ノートを買った。
方眼ノートは仕事用だ。ボーナスなので、普段の40枚のものではなく、70枚のものを買った。ささやかすぎる。
ノートカバーはプライベート用。
実は来年は、読書記録ノートを一新しようと考えている。その読書ノート用に使う予定だ。
ノートカバーをネットで調べると千円程度のものから一万円を超えるものまで出てくる。
ノートカバーを使ったことがない入門者の私は、とりあえず一番安いものにした。

ノートカバーの使い心地はどんなものか。届くのを楽しみに、師走の日々をもうひと頑張りしようと思う。

広告を非表示にする