読書録 本読みの貪欲

アラサー本好きの日記です。本、旅行、文房具、犬、魚などが好き。

「自分を楽しませる」、「体力をつける」

今週のお題「2018年の抱負」

あけましておめでとうございます。
年末年始の新婚旅行からの年明けの引っ越し、と怒涛の勢いで人生の階段を登っております。
引っ越しの荷物の整理をしているのだけれど、やはり物量の多い本の整理に時間がかかっている。新たな本棚に並んだ本たちを見ていると、再読したい要求がぞくぞくと湧いてくる。さすがケチな私が金を出して買った本だけあって、私の好みに合った本がずらりと並んでいる。中には未読の本も数冊あって、とりあえずその一冊を寝室に運んでおいた。これで数日は安心だ。



さて、2018年。今年の目標は2つ。「自分を楽しませる」と「体力をつける」だ。

去年は幸せについて漠然とだが、継続的に考え続けた1年だった。1年考えて幸せの何が分かったかといえば、何も分からなかったのだけれど。しかし、少なくとも自分の人生の責任をとれるのは自分だけであり、自分の人生をどのように過ごしたいかといえば、もう少しだけ楽しく生きたいと思うので(なんていうか、何故か私には変な被害者意識がある。私はこんなに頑張ってるのに!みたいな。誰にも頼まれてないのに勝手に「ねばならない」という文脈で生きているというか…)、今年は主体的に自分を楽しませる工夫をしていこうと思う。意識的に人生を楽しむ。逆にいえば、無意識にダラダラと享楽的に過ごさない。それが今年の1つ目の目標。

もう一つの体力をつけるは文字通り。30歳を目前にして体力の低下が著しいので、引きこもりたい気持ちを抑え、少しは運動しようと思います。
本を読んだり、旅行に行ったり、ぐっすり寝たりという、好きなことを楽しむためにも体力が必要ですからね。実は屋久島に屋久杉を見に行きたいという願望があるので、屋久島トレッキングが出来るだけの体力をつけることが目標。うん、がんばろう、自分。


あ、あとふたつ。今年こそ読書記録を継続してつける、ブログも頻繁に書く、も目標に入れておきます。なので、2018年も読書録をよろしくおねがいいたします!