読書録 本読みの貪欲

アラサー本好きの日記です。本、旅行、文房具、犬、魚などが好き。

雨の日、ふいの休み、読書。【読書日記】

雨である。大雨である。
電車は運行休止、道路は通行止め。職場へは自動車で通っているのだが、職場までの行ける4つの経路すべてが通行止めになっており、職場周辺の地区は避難勧告が出されていた。

仕方がないので、職場へ行くことは諦め、本屋とスーパーに寄って帰ってきた。

本屋へ行くとついつい本を買ってしまう。集英社文庫のナツイチフェアの棚に、森博嗣の『暗闇・キッス・それだけで』が並んでいるを見つけ、衝動買い。
それから新書も何か欲しいなと思い、出口治明の『人生を面白くさる本物の教養』を購入。タイトルに「教養」とついている本を読んで、教養が身につくとは思ってもいないし、そもそも教養をつけたいと切実に思っているわけではない。それでもこの本を買ってしまったのは「人生を面白くする」という言葉にどうしようもなく惹かれてしまったからだ。人生つまらなすぎて、800円の新書にも縋りたいのだ。

にしても、先月末から、本を買いすぎな気がする。購入スピードに、読書スピードが追いついていない。図書館で借りた本だって、まだ読めていない。さらに悪いことに(?)、数日前から、中途半端に途中まで読んでいたトルストイの『戦争と平和』を再び読みはじめてしまった。そして読み始めると『戦争と平和』は、やっぱり面白い。モスクワにナポレオン軍が進軍してきた辺りを読んでいる。読了まで、先はまだまだ長い。今日買った本が読めるのはいつになることやら。積読本が増えていく。

今日はとりあえず、『戦争と平和』を読み進める予定だ。読書に飽きたら、プライムビデオで映画でも見よう。昨日見た映画『セブン』をもう一度観たい気もするし、『セブン』繋がりで『ファイトクラブ』を見返したい気もする。

戦争と平和〈5〉 (岩波文庫)

岩波文庫で読んでいます。5巻目。文庫の冒頭に地図がついており、行軍過程などを本文と見比べながら読むのが楽しい。