読書録 本読みの貪欲

地方在住アラサー本好きの読書録。海外文学、文房具に犬と魚が好き。

MENU

幸せな金曜日。少女漫画な気分。【読書日記】

 今日は金曜日、定時で帰れた。

 なんだかどこか浮足立った気分で、スーパーでキムチ鍋の材料とビール(第三のビールでも発泡酒でもなくてビール)を買った。
 あれもしかして私今とっても幸せなのではないのと思ったら、ますます幸福感が溢れてきた。人の感情はなんと軽薄なものなのだろう。
 特に行く予定もなかったのに、本屋へ寄った。無性に少女漫画が読みたかった。
 少女漫画を読まずに育ったのに、今では2カ月に一度くらいとても少女漫画が読みたくなる。鳥飼茜『おんなの家』を買った。少女小説?まあいい、1巻から3巻まで買った。勢いに任せず、最終巻の8巻までまとめ買いしなかった自分をほめてあげたい。
 少女漫画のもつ魔力を持つ小説のジャンルは何だろうと考えながら本屋をさまよった。恋愛小説?少し違う気がする。純文学?もちろん違う。私の中で純文学を読みたい気分と、恋愛小説を読みたい気分は明確に異なっている。だとしたら、BL?ハーレクイン?どちらも足を踏み入れたことがないジャンルだ。沼は深そうだ。
 いろいろと悩みながら一冊を選ぶ。P・ハイスミス『キャロル』裏表紙によると「サスペンスの巨匠ハイスミスが匿名で出した幻の恋愛小説、待望の本邦初訳」、だそう。しかも百合っぽい。おお、楽しみ。

 アパートの狭い台所でキムチ鍋をつくる。素を鍋に入れ、火をつける。刻んだ白菜とニラとしめじとえのきともやしと豚肉を入れて、煮込む。ビールを開ける。本を開く。まずは『おんなのいえ』。いきなり主人公(29歳)が、知り合って10年付き合ってすぐに同棲して3年の彼氏に振られてる。おお……恋愛小説??