読書録 本読みの貪欲

地方在住アラサー本好きの読書録。海外文学、文房具に犬と魚が好き。

MENU

本を読む気力と衝動買い

 先日、本を読む気力もないという愚痴記事を書いた。

dokusyotyu.hatenablog.com

 嘘を書いたつもりは全くないのだが、記事を書いた数時間後、私は本屋にいた。そして一冊の本を買った。転職についての本を買おうと思ったのだ。私は読書が行動に先んじる人間であり、何かをはじめる際にはまず知識からというタイプである。 だから将来に悩み読書に手がつかないという状態と、その状況を打破したいが為に本を手にするという行為は、自分の中では矛盾はない。

 のだが。問題はその後、本屋から帰った後のことである。気がつけばインターネットを開き、電子書籍の衝動買いをしていた。
私はストレスが溜まると衝動買いをする人間でもある。本棚には、衝動的に買ったもののなんとなく読むタイミングを逃し、そのままになっていう本が積まれている。本を買いたいと衝動的に思うタイミングと本を読みたいタイミングは違うのだ。ストレスが溜まり、現実逃避がしたいが為に本を読むことももちろんあるが、私の読書はあくまで趣味であるので、リラックスし気力が充実したときにこそ読書が進む。
 今回買ってしまった数冊は、もちろんいつかは読むつもりであるが、今のところ数ページを試しに読んでみただけだ。

 本を読む気力もないのに本を買ってしまったことは、今までの人生でも度々あった。この症状は、あまり状態が良くないパラメータである。

dokusyotyu.hatenablog.com

 しかし積んでしまった人生経験により、この状態が決して長く続くものではないことも知っている。自分は飽きっぽく、気分屋であり、落ち込み続けることも不安に苛まれ続けることもできないのだ。客観的な状況は、先日から何一つ変わっていないが、自分の心の奥底に健全な読書欲を感じる。
ああ、面白いミステリーが読みたい。徹夜したくなるほど、面白い本が読みたい。