読書録 本読みの貪欲

人生2度目の転職をしました。ミステリ、海外文学、文房具に犬と魚が好き。

MENU

『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(大木毅著)【読書感想】

 『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(大木毅著)を読んだ。
 岩波新書から出版されており、第二次世界対戦におけるドイツとソ連の戦争についてコンパクトにまとめられた一冊である。以下、目次

はじめに 現代の野蛮
第一章 偽りの握手から激突へ
 第一節 スターリンの逃避
 第二節 対ソ戦決定
 第三節 作戦計画
第二章 敗北に向かう勝利
 第一節 大敗したソ連
 第二節 スモレンスクの転回点
 第三節 最初の敗走
第三章 絶滅戦争
 第一節 対ソ戦のイデオロギー
 第二節 帝国主義的収奪
 第三節 絶滅政策の実行
 第四節 「大祖国戦争」の内実
第四章 潮流の逆転
 第一節 スターリングラードへの道
 第二節 機能しはじめた「作戦術」
 第三節 「城塞」の挫折とソ連軍連続攻撃の開始
第五章 理性なき絶対戦争
 第一節 軍事的合理性の消失
 第二節 「バグラチオン」作戦
 第三節 ベルリンへの道
終章 「絶滅戦争」の長い影
文献解題
略称、および軍事用語について
独ソ戦関連年表
おわりに


一九四一年から一九四五年まで続いた独ソ戦では、数千キロにも及ぶ戦線で、百万人単位の軍隊が激突した。この本によれば、損害の大きかったソ連軍では1158万5057人の軍人がなくなったという。第二次世界大戦での日本軍の死亡者数が210万から230万人というのだから、その死者数の多さには驚くしかない。しかし独ソ戦の特異さはその規模の大きさだけではない。「独ソともに、互いを妥協の余地のない、滅ぼされるべき敵とみなすイデオロギーを戦争遂行の根幹に据え、それがために惨酷な闘争を徹底して遂行した点に、この戦争の本質がある」。
 しかしこのような本質については、日本では専門家以外にはほとんど知られていないという。
確かに私は、独ソ戦の戦争の本質どころか、独ソ戦自体もほとんど知らなかった。ここまで大きな戦争をドイツとソ連は行っていたのか。例えばフィクション作品『卵をめぐる祖父の戦争』でレニングラード包囲戦を知るといった具合で、この戦争について体系的に学んだ記憶がない。
軍事の専門家である著者が、私のような人間にも分かるようにと書いたのがこの一冊である。非専門家向け(一般向け)の入門書という位置づけだ。そのため、一読してとても丁寧に作られた本であると感じた。専門家が一般読者向けに書かれた、近現代の戦史というのは、意外と珍しいのではないかと思う。

この本は通史ということで、少し引いた視線で独ソ戦を俯瞰する。個々人の悲惨さではなく、もっと大きな視野で悲惨さが生じたメカニズムを解説していく。両国が戦争に向かう時代背景や独ソ両国の内政外政の状況も丁寧に書かれており、つまづくことなく読み進めることができた。軍事用語も多く使われているが、簡単な単語集もついている充実ぶりである。

この本の面白いところは、「以前はこのように考えられていたが、現在ではこのように解釈されている」といった記述が多くあるところである。過去(冷戦時代)と現在では、独ソ戦の研究が大きく進歩しているという。著者は読者に易しく知識のアップグレードを促す。残念ながら私にはアップグレードの元となる知識がなかったのだが、それでも過去の解釈と現在の解釈の違いを知ることは興味深かった。
また、この本では独ソ戦自体だけではなく、戦後独ソ戦が、どのように政治のプロパガンダに使われていたかということにも言及しており、興味深かった。政治というやつは、これだけ人が亡くなった戦争ですらも、自らの主張を通すための道具にしてしまうのかと薄ら寒い思いをした。

この本を読んで、改めて戦争というものを恐ろしく感じた。人間はなんと愚かな生き物なのだろう。
ところで、国家という概念が大きく変容しつつある現在において、戦争というものはどのような形をとるのだろうか。「テロ化」や「外注化」が進むであろう未来の戦争では、戦時国際法は果たして守られるのだろうか。戦時国際法よりイデオロギーが優先された独ソ戦の悲惨さは、現在を生きる私たちに、重要な教訓を残している。

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

『1917 命をかけた伝令』【映画感想】

『1917 命をかけた伝令』を観てきた。すごい体験だった。出来れば映画館で見てきてほしい。今までにない映像体験が待っている。

映画が始まってすぐに圧倒された。始まる前の予告編を眺めているときは寒いくらいだったのに、顔が火照っているのを感じた。ホラー映画でもないのに、血圧が上がり、心拍数が上がっていた。それが、分かった。

第一次世界大戦中のフランス。イギリス軍とドイツ軍が塹壕戦を繰り広げているなかを、イギリス兵の主人公が、15、6キロ離れた友軍に伝令を伝えるというだけの映画である。最新の兵器も、特殊技能を持ったすごい人も出てこない。主人公はただの上級兵であるし、装備も銃剣に手榴弾だ。やたら重そうな軍服に、タライのようなヘルメットを装着している。課せられた任務も伝令といった地味なものである。伝令を伝える手段はもちろん自分の「足」。しかし、それらのことはこの映画の魅力を全くもって損なわない。
前線からドイツ軍が撤退したのを見て、いまが好機と突撃をかけようとしている友軍に、「それは罠だ、攻撃を中止しろ」と伝えるのが、主人公たちの役目である。攻撃開始予定の翌朝までに伝えなければ、1600人もの仲間が犬死にしてしまう。15、6キロというと近いように感じるが、そこは戦場。有刺鉄線を抜け、泥道を進み、遺体だらけの放棄された塹壕を抜け、破壊された街を行かなければならない。そこは生と死が隣り合う場所であり、彼らは文字通り、多くの死者を乗り越えていく。

この映画の凄いところは、ほとんどノーカットで2時間近くの映像を撮っているところだ。実際はどうなのかは知らないが、私には2カットしかないように感じた。超長回しだ。この効果がすごい。
カットを切らないということは、ひたすらに主人公に寄り添うということだ。あるときは後ろから、あるときは正面から、カメラは主人公たちを映し続ける。そして必然的に、映像は人間の目線で、人間の時間軸で進むものとなる。この人間の目線、時間軸で進む映像というものが、自らの身体一つで敵地を進み伝令を伝える人間の物語に、素晴らしくフィットした。私たち観客はそれらの映像に飲まれ、主人公たちの感じる緊張感を共有することになる。映画館に座っている私たちは主人公らの疲労や痛みを感じることは出来ないが、同じ目線の映像を通して不安や恐怖は感じることができるのだ。戦場の緊張感は、この2時間を通して緩むことはない。

そしてそんな映像から浮かび上がるのは、人間の目線で見た戦争そのものだ。個人の目線で見た戦争には、政治も大義も、正義も悪もない。敵と味方がいて、それらは同様の肉体を持つ人間で、ナイフで刺せばあっさりと死んでしまう生き物である。同じように祖国に家族が、帰りを待つ人がいる。主人公たちは多くは語らないが、それでも、戦争そのものが持つ虚しさというものが、ひしひしと伝わってきた。特にラスト近くの一斉攻撃のシーンは圧巻。ああ彼らは何をやっているのだろう。なぜ異国で殺し合っているのだろう。

映画が終わり、明かりが灯った。にも関わらず、場内は沈黙が支配していた。同じ映画体験をした誰もが圧倒されていたことを感じた。自らの鼓動がうるさい。他の映画を観た後とは、明らかに違う心理状態だった。映画という客観的体験ではなく、敢えて言えばゲームのような主観的な体験、没頭感だったと思う(「第1次世界大戦」「塹壕戦」ということで『デス・ストランディング』が思い浮かんだ)。
本当にあっという間の2時間だった。おススメです。そして圧倒的な映像体験をするために、ぜひ映画館に足を運んでほしい。

『火星年代記』レイ・ブラッドベリ【読書感想】

有名なSFを読んでおこう読書の一環で、レイ・ブラッドベリ火星年代記を読んだ。年末年始のハヤカワSFフェアで大人買いした本の中の一冊。一泊二日の出張の間に読破した。

レイ・ブラッドベリさんの本を読むのは「未来の焚書」を扱った華氏451度』に続いて2回目。『華氏451度』は、有名SFにも関わらずすんなり読めてしまった、との印象があったが、その印象は本書でも同様だった。
本書は長編SFなのだが、「年代」ごとの短いエピソードの集積であり、エピソード同士の繋がりはほとんど無いため、短編集を読むようにサクサクと読める。最初はその作りに戸惑いもしたが(普通の長編SFだと思っていた)、そのうちに、次のエピソードはどんな人が主人公で、その主人公はどんな立場に置かれているのか気になって、ページを捲る手が止まらなくなった。そうしてエピソードが重なるうちに、火星の、火星人の姿が浮かび上がってきた。

著者が本書で書き出す火星の姿は独特だ。そこには酸素があり、火星人がずっと昔から文明を築いている。アンディ・ウィラーさんが『火星の人』で書き出した、荒涼とした生命感のない物理としての「火星」とは大きく異なる。なんといっても、地球人は宇宙服なしに火星で生きていくことができるのだ。
そんなファンタスティックな「火星」にアメリカ人(のみ)が入植してくる、というのがこのSFのストーリーだ。その入植の先駆けの探検隊や地球人入植以前の火星人夫婦のエピソードから始まり、ひょんなことから入植したアメリカ人たちが地球に帰ってしまい、その退去の後火星に取り残された地球人たちの孤独の様までを連作短編集のように書き出していく。どのエピソードにもどこか「可笑しみ」があり、リアリティがある物語というよりも寓話的である。
私は第4探検隊の失われた火星文明に対する憧憬に満ちた物語と、火星人に宣教しようとやってきた神父たちが出会った青い火の玉の物語と、後半の人々が去って見捨てられた街で生き残りを探す男女の邂逅が辿った滑稽な結末についての物語が特に印象に残っている。
華氏451』を彷彿させる焚書の仕返しに大掛かりな罠を仕掛けた男のエピソードも好きだ。罠は、エドガー・アラン・ポーの超有名作のオマージュになっており、「やっぱりそうなるのね」と楽しみながら読んだ。

しかしこの物語の魅力は、個々の物語の面白さだけではない。この本はあくまで「年代記」なのである。個々の物語が重なることで浮かび上がる「歴史」としての火星の物語、それが一番の本書の魅力なのだと思う。その歴史はどこかアメリカの開拓に重なり、その行き先は人間社会への風刺となっている。人間が歴史の中で重ねてきた愚かさをブラックユーモアを持って書き出しているかのようだ。国破れて山河あり。ああ、諸行無常
この年代記の「年代」の短さにもなんとも言えない物悲しさがある。この本が書き出した火星の歴史はたったの27年間なのだ。この短い歴史の中で、地球人は火星を征服し、火星から逃れ、そして文明の断片のみが残ったのだ。
我々人類が誕生してから地質学的時間では瞬く間に繁栄し、滅んでいくことを暗喩している、とまでは言いすぎだろうか。言い過ぎだろうな。読んだ後に、ついそんなことを考えてしまうような読書だった。

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)