読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書録 本読みの貪欲

近畿地方の某田舎町で一人暮らし中。

『漢辞海』購入。

辞書が好きだ。
といっても、ものすごく好きというわけではなく、世間一般の人よりもほんのちょっと好きなぐらい。
いわゆる俄かである。
毎日どころか毎週も見ないが、二三か月に一度くらいは辞書を見てるかなというくらいの「好きさ」だ。
少なくとも、ここ十年ほど自分が漢和辞典を持っていないことを気にしており、いつかは買いたいと思っている程度には好きで、そして本日ついに古本屋で漢和辞典を購入した。

にしても、辞書の世界は奥が深いようで。
それは漢和辞典の世界も同様で。私はといえば、「漢字辞典」と「漢和辞典」の違いさえよくわからないような人間なので、あまり深くは入り込まないようにする。

辞典といえば『舟を編む』。ずっと気になってはいるのだけれど、映画やアニメにまでなってしまったので、もう少し時間がたってから読もうと思って、数年経ってしまった。映画化されたの、もう3年も前なのか……

古本屋には数冊の漢和辞典が並んでいた。どれも値段は2、300円。どれも一般家庭用の漢和辞典だ。
辞典の良し悪しなど、何もわからないので、奥付の年を確認し、一番新しかったものを選んだ。『全訳 漢辞海 第二版 2008年3月10日 第六刷発行』。ちなみにこの「漢辞林」という辞書、初版も2000年発行と比較的新しい。世紀末に生まれた漢和辞典。
とりあえず、気が向いたときにパラパラめくってみようと思う。

全訳 漢辞海 第三版

どうやらすでに、第三版がでているらしい。
ちなみに、私が一番好きな辞書は「類語辞典」です。国語辞典よりも面白い。

広告を非表示にする