読書録 本読みの貪欲

地方在住アラサー本好きの読書録。海外文学、文房具に犬と魚が好き。

MENU

新卒で入った会社を退職しました。

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

ブロガーっぽいタイトルをつけてみた。
先週末が新卒で入って2年9カ月務めた会社の最終出勤日であった。年末までの2週間は有休消化期間であり、その間に引っ越しを行う予定である。そして年明けからは新しい職場で新しい生活が始まる。

先週まで普通に出勤していた会社に、もう二度と行くことはないのだと思うととても不思議な気分である。
大学の卒業のときと同じような気分である。あれだけ毎日通っていた研究室にもう二度と行かなくなった日。小中高の卒業式が学校を挙げての一大イベントであることに対し、大学の卒業式は、式の一方で普段の生活が並行している(実験は休めないし、生物の世話はあるし、研究室はなんだかんだで通常運営だ)。だからだろうか、日常の中から一人放りだされたような気分になった。会社も一人や二人、メンバーが抜けたところで、通常運転に変わりはなく。私はまたしても、一人で世間に迷い出てしまったかのような気分になっている。

働いていたときは、毎日毎日辞めたい辞めたい辞めたいと思っていたのにな。

いざ辞めてみると、妙な名残惜しさと、何かやり残したことがあったのではないかという不安がある。
私は誠実に働いていたか。そんな問いを突き付けられている。

2017年は、今後人生を振り返ったときに、大きな区切りとして思い返される年となるだろう。


結婚、引っ越し、転職。俗に言うライフイベントが一気にやってきた。
最も生活自体は未だに何も変わっていないので、実感は湧いていない。書類だけの結婚で、遠距離恋愛別居婚へと変わっただけである。結納結婚式披露宴をしていないのでイベント感もそこまでない。
とはいうものの、この独身時代の延長のような結婚生活も、2017年末で終わる。9年続いた一人暮らしもあと2週間で終わる。ああ、名残惜しい、孤独な自由時間。

今年もあと10日あまり。もう一度、この3年あまりの会社員生活を振り返ってみよう。もう一度、一人で世界に向き合った日々を総括してみよう。そう思っている。