読書録 本読みの貪欲

地方在住アラサー本好きの読書録。海外文学、文房具に犬と魚が好き。

MENU

再転職を考えはじめた。

今の職場に転職し、早10ヶ月。なのだが、諸事情により、再度の転職を考えている。働きたくないわけではないし、むしろ一生働き続けたく思い一生勤められる職場を探しているのだが、転職活動は気が進まない。それなら今の職場で頑張れよ、と言われそうだが、将来的なことを考えると早いうちに転職する方が良いだろうとの結論に至ったため、そういうわけにもいかない。
どうしてこうも転職活動がしたくないのかと言われると、学生時代、就職活動時にお祈りされ続けて内定がなかなか貰えなかった頃のことが一種のトラウマになっているからだろう。値踏みされ、否定されるのが怖い。社会に出て数年。学生の頃に比べると、だいぶ面の皮が厚くなった自覚があるし、採用活動の側面も見る機会があり、就職活動/採用活動はそれぞれの利害関係の一致不一致に過ぎないと理解しているのに、それでも不意に心の奥底に沈めたはずのナイーブさが顔を出す。

転職活動に伴い、履歴書や職務経歴書を整理すると、何者でもない私自身に直面する。結局、私は特別ではなかった。そして普通に社会人を続けることも出来ず、未だに居場所を探し続けている。どこで間違ったのか、と問うことは今はやめようと思う。選択肢は、確かにあった。選んだり、選ばなかったり、流されたりした結果が現在の私である。かつての就職活動時には、「自分の人生、どこで間違ったのだろう」と、夜の研究室の進まない卒論を前にして延々と思い悩んでいたのだが、「私の人生は失敗だった」という観念が強化されただけで、結論は出なかった。だから出来るだけポジティブな言葉で人生を総括しようと思うのだが、何かを達成したと言えるようなことは何もなく、得意なことも好きなこともたいしてなく、そもそも何も言葉が出てこないことに気づく。私の人生は何だったのだろう。
転職活動をしているとそんな無意味に等しい人生を送ってきてしまったことを、社会から断罪されている気がする。お前のような何も出来ない人間はこの社会には要らないのだ、と。
それでも私はこの社会で生きていかなければならない。これからどうしたら良いのだろう。人生90年時代を生きる私は、残りの半世紀以上もの時間を前に呆然としてしまう。

答えのない問いの海に溺れそうになっていることに気づき、慌てて思考シャットダウンする。現実的に、すなわち具体的に考えることを自分に課す。私が私の将来に望むものは、もはやもうほとんどない。ささやかな生活の保障である。そのための職が欲しい。そのための手段、それだけを今は考えるべきであり、人生を思い悩む時間は無駄である。
それにしても嘆きたくなる。どうしてこうも生きていくのは大変なのだろうか。ああ。