読書録 本読みの貪欲

地方在住三十路女の読書日記。趣味が読書と言えるようになりたい。本のほかには犬と魚が好き。

MENU

平日、プール、読書。村上春樹訳『高い窓』レイモンド・チャンドラー【読書感想】

暑い。この1週間で急に湿度が上がり、一気に夏らしくなった。気がつけば6月が、2018年の半分が過ぎた。

先の金曜日、休日出勤の代休だった。ぽっかりと空いた平日に何をしようか。そうだ、プールに行こう。あまりの暑さ、蒸し暑さに、水浴びできたら気持ちいいだろうな、と思ったのだった。
都合のいいことに、アパートの近くには市営の温水プールがある。夏休みには早いから、子供もいないだろう。いそいそと、水着と水泳帽とゴーグルとタオルを取り出す。
正直、泳ぐのは得意ではない。中学校の体育のプールの時間は、仮病で休んでばかりいた気がするし、高校生のときは体育の授業が選択制だったので、水泳は選ばなかった。友達とぷーや海に遊びに行くほどリアルが充実した青春ではなかったので、泳ぎに行く機会なんてほとんどなかった。

そんな私が自らの意思でプールに行くとは。
大人になったものだ。

小銭を持っていることを確認し、市民プールへと向かう。
そして。
プールの入り口で見つけたのは「臨時休業」の文字。夏を前に1週間かけて清掃を行うらしい。まじか。
蒸し暑さが一層増したような気がした。プールの水の中で、ゆっくりと泳げたら気持ちがいいだろうなあ。プールには、大した執着はなかったはずなのに、何故だかとても残念に思った。

どうしようもなくなり、帰り道に図書館へ寄った。こんなに暑い日に、水泳以外にできることといったら、クーラーの効いた部屋で本を読むくらいしかないではないか。


ところで「平日、昼間、プール」という言葉で、私が連想するのは村上春樹である。どうしてだろう。きっと、彼が書いた物語の主人公が、平日の昼間にプールで泳いでいたか、作家自身が平日の昼間にプールで泳いでいるという随筆か何かを読んだからだろう。

そのような連想に影響され、図書館で村上春樹訳のハードボイルド小説を借りた。私立探偵フィリップ・マーロウが活躍する、レイモンド・チャンドラー作の長編3作目『高い窓』である。

『高い窓』感想。

ある夏の日。マーロウは、金持ちの未亡人であるマードック夫人(ケチでイジワルな姑)から、家出した嫁が盗みだした高価な金貨を取り戻して欲しい、との依頼を受ける。
金貨及びいなくなった嫁を探すマーロウだが、あちらこちらに聴き込みをしていくとうちに、殺人事件の第一発見者になってしまう…どうなるマーロウ?!といった物語である。

軽妙な会話のやりとり、いわくありげな人々、拳銃、酒、嘘、恐喝、そして殺人。スピーディーに進む物語。これでもかと詰め込まれた出来事。たった1日の間にマーロウは、尾行されたり、脅されたり、殺人事件の第1発見者になったり、警察官と飲んだり、クレーマーにあったバーテンダーを慰めたりする。引きこもりメンタルな私は、その行動力が羨ましいなどという、変な感想を持った。これだけ次々と事件に巻き込まれたり、初対面の人と話したりしたら、私なら次の日寝込むと思う。

そしてマーロウの優しさ、弱者への姿勢がとても印象に残った作品だった。彼は物語のなかで、共依存的なメンタルの下、DVを受けている娘を助けだす。「タフ」という言葉が何度か出てくる。この言葉を聞くと、もちろん「タフじゃなくては生きていけない。やさしくなくては生きている資格がない」のセリフが思い浮かぶが、まったく、本当の「タフ」とはマーロウのような男のことである。

村上春樹訳のマーロウを読むのは、初めてだったが、とても自然で、このシリーズの持ち味である会話の面白さが引き立っていたように思う。シリーズの他の本も読んでみたいと思った。


と、いうことで。プールには行けなかったが、それなりに充実した平日休みの一日でした。

高い窓